任意整理で解決できないケース

借金問題の解決方法として任意整理を検討しても借金の状況によってはこの方法で解決をすることがむずかしいこともありますが、特に収入がない場合や借金が多い場合だとむずかしい可能性が高くなります。

そもそも任意整理というのは借金を整理して完済しやすい状態を作っていくことが目的になっているもので、借金を大幅に減らして借金返済しやすい状態を作ることができる個人再生とは根本的に仕組みが異なります。

無料相談をして任意整理をすることができないと判断される場合は個人再生や自己破産などの検討になることが多いのですが、いずれの場合も裁判を通しての手続きになるので弁護士に依頼して対応してもらうのが一般的です。

任意整理以外の方法で債務整理をすることで借金の問題解決を図ることが可能ではあるものの、できれば負担が少ない任意整理で解決をすることが出来るように過払い金などの有無についても無料相談の時に確認しておくようにしましょう。

借金問題は放置しても借金が無くなるわけではないので自分自身が積極的に解決を図っていく意思を持つことも大切で、そのためにも借金の返済が困難であるという自覚が出たタイミングで早々に相談をする準備をしましょう。

任意整理無料相談ランキング

過払い金の対応

任意整理を無料相談する際には過払い金の請求についての確認も入るのが普通で、多額の借金をしていて過去に返済をしてきても条件を満たせば過払い金の請求をしてお金を取り戻すことができることもあります。

過払い金は主にグレーゾーン金利でお金の借り入れをしたことがある場合に支払い過ぎた金利についての部分です。

法律によって取り戻すことが可能になったことや過払い金が発生している人も多いので法律事務所も積極的に宣伝しています。

積極的になっている理由として他にも時効があることがあり、過去10年以内の借り入れではないと過払い金の請求をすることができないので、それ以前の借り入れに対しての請求はむずかしくなります。

最近は利息制限法によって金利の上限が決まってしまっているので、実質的には利息制限方が適用される前から過去10年以内の借り入れに対しての限定になってしまっているので注意する必要があります。

過払い金の請求をしても素直に金融機関が応じるとは限らず、場合によっては過払い金が戻ってこないことがある場合や一部のお金しか戻ってこないこともあります。
また過払い金の請求においては成功報酬になっているところも多いので無料相談をする際に費用に関しての相談をしておくようにしましょう。

弁護士に支払う報酬

ローンやキャッシングは便利な金融サービスで、特にインターネットでの申し込みをすることができるようになってからは借金をするにあたってのハードルも下がっているので利用しやすい環境になっています。

このような借金は生活の助けになる一方で、利用方法を間違えてしまうと借金地獄のきっかけを作ってしまうことにもなるため、お金の借り入れをする場合は計画性を持つということも必要です。

借金をして返すことができなくなってしまった場合にまずしないといけないのは金融機関に相談することで、返済が難しくなっている状態が一時的であれば返済のスケジュールを見直すことで問題解決を図ることが可能です。

それでも借金の返済がむずかしいような場合は任意整理による借金整理などが必要になりますが、どのような借金整理が適用されるかについては無料相談をすることで知ることができるのでまずは法律の専門家に相談する準備をしましょう。

いずれにしても借金問題がある場合はそのままの状態にするのではなく何らかの対策をする必要があり、放っておくと任意整理では済まなくなってしまって最終的に自己破産などの債務整理による借金整理が必要となってしまうので注意が必要です。